ワイヤロープ暴露試験/2013年9月9日(初日)

【目的】
錆(さび)によるワイヤロープの寿命を調査

【試験方法】
①ワイヤロープを食塩水※入りの霧吹きで湿らせる
②ワイヤロープを食塩水※入りのペットボトルに入れ、ロープを半分漬けた状態にし、1日に1度ペットボトルを回してワイヤロープを湿らせる
※ 水道水に食塩3.5%を混ぜた食塩水(海水と同等の塩分濃度)

【試験サンプル】
・ウルトラロープ(亜鉛−10%アルミ合金めっき)
・6×24 O/O(裸)
・6×24 G/O(めっき)
・ステンレス/SUS304 6×24
・ステンレス/SUS304 7×19
・ステンレス/SUS316 7×19
・ハイクロスロープ

ワイヤロープサンプル:ロープ径12㍉
130909_1

ペットボトルに塩水とワイヤロープを入れて実験
130909_2

新聞紙の上にワイヤロープを並べ、塩水を霧吹きでかけて実験
130909_3

霧吹きをかけた後
130909_6

屋外に置いたワイヤロープサンプル入りペットボトル
130909_7

結果が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA