2019.1.22:鉄鋼新聞に掲載されました

大型シャックルのリース開始

 ワイヤロープ加工販売の中村工業(本社・大阪市大正区、社長・中村哲也氏)はこのほど、重量物の連結金具「大型シャックル」のリースを開始した。

 同製品は米国吊り金具メーカー大手のクロスビー社製。建築・土木・造船・橋梁といった様々な分野において重量物の吊り上げ作業で使用される。クラウン部を幅広にし、ワイヤロープやベルトスリングの寿命を延ばすために改良されたシャックル。中村工業では同製品について、55㌧から300㌧まで各サイズに対応。また、300㌧以上のシャックルも最大1550㌧まで海外から取り寄せて対応することが可能。

 中村社長は「購入したものの使用頻度が少なくいざ使おうと思ったら、工場の片隅で放置されほこりまみれになっていたり、錆びていたり、傷が付いて使えないというケースを想定し、今回のリースを開始するに至った」という。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA