ハガネよりも強く、絹糸よりもしなやかなロープ

1962年(昭和37年)製作の映画「キングコング対ゴジラ」に東京製綱の営業マンが登場している!
という噂を嗅ぎ付け、早速DVDを借りて見ました。

佐原健二扮する東京製綱マンは、主役(高島忠夫)の妹の彼氏という設定で、準主役級の扱いです。
映画が始まると間もなく東京製綱マンが登場し、東京製綱ポリプロピレンロープのサンプルの前で、

東京製綱マン「実はね、やっと新製品が完成しましてね、これですよ」
高島忠夫  「なんだ、ミシン糸か」
東京製綱マン「やだなぁ、ハガネよりも強く、絹糸よりもしなやか、原子力時代の繊維ですよ!」
東京製綱マン「とにかく利用価値は絶大!船具関係の試作品テストで明日から当分船に乗るんですよ!」

家にロープのサンプルを飾り、恋人の兄貴を前にしてベランダを乗り越え、ロープを手に自らがぶら下がり、ロープをアピールしまくってます。
この人、めちゃくちゃ熱い社員です!

ラスト近く、キングコングを眠らせてどうやって運ぶのかというシーン

自衛隊隊長 「問題はどうして運ぶかだ」
高島忠夫  「あります、吊るんです、吊って空を運ぶんです」
高島忠夫  「ほら、ハガネよりも強く、絹糸よりもしなやかってヤツだよ」
東京製綱マン「そうだ、ぜひやらせてください」

と言うやいなや、東京製綱の名前入りトラックが登場して大量のPPロープが運ばれ、自衛隊がキングコングにロープを巻き付けていきます。
恐ろしく素早い対応です。

キングコングを無事吊ることができ、そこで高島忠夫は

「ハガネよりも強く、絹糸よりもしなやか、おい、テストは大成功だぜ!」

で締めくくっています。

東宝の創立30周年記念作品として製作されたこの映画ですが、調べてみると、ゴジラ史上最高の観客動員数を記録し、海外でも広く公開されゴジラが一躍メジャーになった作品なのだそうです。

ハガネよりも強く、絹糸よりもしなやかなロープは、近いうちに東京製綱の繊維ロープ営業マンに借りてきて紹介したいと思います。
みなさんもぜひ一度ご覧になってください。

amazon.co.jpでの紹介ページ
gozilla

キングコング対ゴジラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA