「窓拭き用ゴンドラロープの型崩れについて」の回答

Q:はじめまして
窓拭き用ゴンドラ(エンドレス昇降機タイプ)のあまった部分のワイヤU4×Ses(39)が、作業中9階(約36m)から落下したと清掃作業員より報告がありました。確認したところ、かご状、キンク、型崩れの部分がたくさんありました。見たところ、からまったワイヤを無理に力をかけたものをほぐした状態でした。実際、巻き取りリール(ゼンマイ式)の故障によりあまった部分のワイヤが落下しただけで、かご状やひどい型崩れになるものでしょうか?
A:この内容だけではよく分かりませんが、内容としては、
「ゴンドラ用ワイヤロープで、実際には使用していないあまっている部分のロープが事故により落下した。そのロープを確認したところ、かご状やひどい型崩れがたくさんあった。ロープが落下しただけで、そのようなことが起こるのか?」
という内容でよろしいでしょうか?
この場合、未使用のロープが落下しただけで、かご状や型崩れが起こるとは通常考えられません。
初期不良ということも考えられますので、ワイヤロープ製造メーカーに確認してもらうのが一番です。
必要であれば、ワイヤロープの点検や診断を有料で行うことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA