5月24日:朝日新聞夕刊に掲載されました!

修学旅行 おいでよ町工場
ものづくりの魅力アピール 大阪・大正区が見学ツアー

(中村工業の記事抜粋)
町工場が集まる大阪市大正区が今年度から、修学旅行生を対象にした工場見学ツアーに本格的に乗り出した。企業や人口が減り続けるなか、10代の生徒たちの訪問に活路を見いだそうとしている。「ものづくりの魅力が学べる」と学校側の評判も上々だ。

バチッバチッ。職人が工具で鉄のワイヤロープを切断すると、激しく火花が散った。「かっこいい」「熱くないのかな」。16日昼、大阪市大正区の中村工業の工場を訪れた高知市立城北中の2年生11人は、興味深そうに作業を観察した。

大阪や京都をめぐる2泊3日の修学旅行で最初に訪れたのが、工場密集地にある中村工業。造船などに使われるワイヤロープの加工会社で、社員25人の中小企業だが、技術は国内トップクラスだ。複数の鋼を手作業で何度もねじれさせ、1本のロープに編み込んでいく作業も体験。谷脇悠生君(13)は「難しい作業ばかりだが、やりがいがある。将来は町工場でおもちゃをつくりたい」。同社の中村和也専務(41)も「若い子たちに見てもらうことで、従業員もモチベーションが高まる」と顔をほころばせた。

■関連リンク
修学旅行に町工場いかが 大阪・大正、ものづくりPR/朝日新聞DIGITAL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA