「eye splicing加工、さつま加工について」の回答

Q:eye splicing加工 または さつま加工とはどの様な加工でしょうか?
A:eyeとは玉掛けのアイ(ワッパ)のこと。splicingは編み込み。
アイスプライスで、アイを作って編みこむこと。
さつま加工も同じで、編みこみ加工をしたもの。
注文時に注意することは、さつま加工は一般的に「台付け」をいいます。
玉掛けに使用するには「段落し」「219条巻差し」と指定してくだしあ。
■用語の意味
「アイ」の意味は、目(アイ)。
「さつま」の意味は、①編みこみ部分がサツマイモに見える。②編みこみ加工が中国から薩摩(鹿児島)に伝わった。
といわれています。
■関連リンク
台付け
台付けと段落しの違い
img_lb0602_hikaku.jpg
(上:219条段落し 下:台付け)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA