「玉掛け一本を半分に折って使用するときの吊り荷重について」の回答

Q:玉掛ワイヤー、一本を半分に折って使用すると、吊り荷重は倍になるのでしょうか 教えて下さい
A:この条件によるロープ選定で重要なポイントは、フック(もしくはその他の金具)にかかる部分の「小径曲げ」による強度低下です。
この部分のD/dが小さくなるほどロープの強度は低下します。
※D/dとは、シーブまたはドラムのピッチ円の直径とロープ公称径との比。
ちなみにロープ径と同じ径の金具(例えば、50mmのロープを幅50mmのフックなど)で吊った場合は、小径曲げによりロープの強度が50%低下するため、安全荷重は両アイ玉掛索1本つりと同じになります。
このようにフックの大きさ(D/d)に応じて強度低下率も変わります。
詳しくはこちらを参照してください。
■関連リンク
玉掛索にかかる荷重
エンドレス直つりのワイヤロープ選定方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA