「種別について」の回答

Q:ワイヤーロープ(IWRC)に、G種、A種、B種、特種とありますが、違いは何ですか?
又、用途で使い分けが有りますか?
A:○種とは素線の公称引張強さのことで、JIS G 3525(ワイヤロープ)ではE種(1320N/mm2級)、G種(1470N/mm2)、A種(1620N/mm2級)、B種(1770N/mm2級)が規定されており、特種(1910N/mm2級)はメーカー規格となります。
特種以上の強さのロープもご要望により製造可能です。
IWRCとはIndependent Wire Rope Coreの略で、独立した一つのロープを心にしています。
通常は7×7の構成のものが使用されます。

iwrc.gif

■関連リンク
ロープファクトリー/ワイヤロープ概要/破断荷重(種別)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA