4月27日:鉄鋼新聞に掲載されました!

ワイヤロープ加工の中村工業
「50年史」を発刊

ワイヤロープ端末加工の業界大手、中村工業(本社・大阪市大正区、社長・中村哲也氏)はこのほど、『中村工業50年史、ワイヤロープ加工に人生を捧げた男の物語』=写真=を発刊した。社史はA5判全164ページで、中村工業の歩みを読み物風にまとめた力作。

目次には「中村和郎の生い立ちと10代の修行時代」「職人として独立し長屋の一室で個人営業を開始」「東京製綱と取引開始、業界最大級のプレス機を導入」「事業を長男に継承し現役引退、組合の会長に就任し業界を牽引」などの項目が並ぶ。

創業者の中村和郎会長は1964年に21歳で独立開業、業界に先駆けてロック加工設備を導入するなど、業容拡大に努めた。太径ロープ加工で国内トップクラスの加工能力を持つ「技術の中村工業」を築き上げた。

巨大なワイヤロープを屈強な職人が端末を編み上げる。
ここ数年、中村工業は新聞や雑誌、テレビなどで、この迫力ある職人技や「ゲンバ男子」の姿が幾度も報道されている。中村哲也社長は「エピローグ」で、「これから未来に向けて、社員一丸となって切磋琢磨を続け、さらなる成長を・・・」とのコメントを寄せた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA