「アイスプライス加工、『半差し』について」の回答

Q:アイスプライス加工について教えていただきたいのですが、御社の説明では「段落しは3回(もしくは4回)編みこんだ段階で、ストランドを半分(上層と下層)に分けて(=半差し)からさらに2回(最初に4回編みこんだ場合は1回)編みこむ」となっておりますが、クレーン安全規則では「ワイヤロープのすべてのストランドを3回以上編み込んだ後それぞれのストランドの素線の半数を切り,残された素線をさらに2回以上(すべてのストランドを4回以上編み込んだ場合には1回以上)編み込む」となり、半差しの時に素線を切るみたいですが、御社のやり方とはちがうのでしょうか?また(上層と下層)は(外層と内層)の意味でしょうか?なお、切るとしたら、どちらの層を切るのでしょうか?
A:
①半差し後に切断していただいても、最後に切断していただいても結構ですが、半差し後、残りを差し終えてからのほうが簡単に切断できると思います。
②「上層と下層」は「外層と内層」と同じ意味です。
③半差し後は、内層(下層)素線を残し、外層素線を編んでいきます。
上が外層(上層)素線、下が内層(下層)素線
hansashi1.jpg
■関連リンク
ロープファクトリー/玉掛索と台付索の相違

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA