「玉掛索と台付索の強度について」の回答

Q:玉掛け索と台付け索で同種・同構成の場合は強度は変わるのでしょうか?台付け索は玉掛け用(巻上・巻下)に使えないそうですが、加工部分が玉掛け索に比べ、弱くなるのでしょうか?
A:玉掛索は「半差し」をすることによって、 加工部分がテーバー状になり、応力が一点に集中するのを防いでいます。
それに対して台付索は下図のように応力が一点に集中するため、段落しに比べて強度は低下します。
玉掛索に使用するワイヤロープは必ず「半差し」があり、ロープ加工技能士が加工したものを使用するようにしてください。
(赤矢印は引っ張ったときの切断個所)
img_lb0602_hikaku.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA