「編みこみ(段落し)とアルミ合金ロック加工の耐荷重について」の回答

Q:玉掛けロープとして使用するのですが、編みこみ(段落し)とアルミ合金ロック加工とではアルミ合金ロック加工の方が耐荷重があると聞きましたが、本当でしょうか。
A:加工効率(耐荷重)はロック加工のほうが高くなります。
アイスプライス(編込み)の効率
14mm以下:95%
16~20mm:90%
22~26mm:85%
28~38mm:80%
40~48mm:75%
50mm以上:70%
ロック加工の効率
95%以上
※アイスプライス(編込み)の効率は技能の巧拙とロープ径の大小によって異なります
アイスプライスの効率が悪くなる理由は、
①加工するときにワイヤロープにスパイキを差すため、ストランドのバランスが崩れ、力が均等にかかりにくくなる
②ロープ端末部分(ヒゲ)の断面積の変化により応力が集中する
③スパイキとストランドが摩擦するときに素線が磨耗する
④仕上げに加工部をハンマーで叩くことにより素線が磨耗する
これらの要素が複雑に絡み合って効率が低下します。
rock-splice.jpg
■関連リンク
ロープファクトリー/ロープ端末の止め方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA