「エレベータのロープとシーブ溝について」の回答

Q:トラクション駆動エレベータ形式の昇降装置(乗用ではない)を計画しています。
主索とシーブ溝についての質問です。昔はV溝と6ストランドのロープでしたが、近年ではアンダーカット溝と8ストランドのロープが主流のようですが、アンダーカット溝と6ストランド溝の組み合わせや、V溝と8ストランドロープの組み合わせでは不都合なのでしょうか?

A:トラクションでいうと、V溝>アンダカット溝
疲労寿命で言うと、アンダカット溝>V溝
これらのバランスで、溝形状を選定する。
ストランド数は、8ストランドの方が真円に近いので、振動が小さいと言われています。
また、強度は6ストランドの方が高めになります。
乗用でなければ、6ストランドでも良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA