10月27日:第1回 大正・港オープンファクトリー

第1回「大正・港オープンファクトリー」を開催します!
普段はみることができない“ものづくり”の工場を見学しませんか?

大正区、港区では、平成29年10月27日(金曜日)・28日(土曜日)の2日間、第1回『大正・港オープンファクトリー』を開催します。

オープンファクトリー開催中の2日間は、普段は入ることができない工場を、職人さんの説明付きで見学していただきます。熟練の技術を目の当たりにした後は、観光スポットへご案内しますので、まち歩きとしても楽しんでいただけます。

これまで2回開催した「大正オープンファクトリー」が、今回は新たに大正区から港区へエリアを拡大し、リニューアルします。初参加企業8社を含む24社の企業が参加し、鉄道、水道、発電所など生活基盤を支える施設に関わるものから、身の回りにあるボールペンや住宅建材、お菓子などの製造まで、多様なものづくりの現場をご用意した、全14コースでみなさまをお迎えします。

本年、大阪港開港150年を迎える湾岸エリアは、明治時代から「東洋のマンチェスター」と呼ばれ、紡績産業を中心としてまちが発展してきました。また、日本屈指の近代港を擁することで、重工業も大きく発展し、“ものづくりのまち”として全国にその名を馳せ、大正区や港区では、今もなおその技術力と伝統が息づいています。普段は見ることができない職人たちの匠の技と、圧倒的な歴史を間近で感じていただき、現代に受け継がれたものづくりのDNAを体感してください。

ぜひ、この機会に大正区と港区が誇る“ものづくり”の力と魅力を味わってください。(大正区ウェブサイトより抜粋)

Bコース
中村工業株式会社、株式会社大波機械製作所、ヨリドコ大正メイキン(泉尾再生長屋)
10月27日(金曜日) 午前の部 9時30分から12時30分


■関連リンク
大正区/オープンファクトリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です