4月1日:ワイヤロック(WIRELOCK)普及に向けた取り組み

中村工業ではソケット加工用樹脂‬「ワイヤロック(WIRELOCK)」を日本で普及させるため、従来の亜鉛の加工代とワイヤロックの加工代を「同一価格」とすることにしました。

ソケット加工を亜鉛からワイヤロック(樹脂)に変更することで、材料の比重が5分の1(20%)に軽量化、加工も、メタルの溶融や酸洗いなどの工程が不要になるため、加工時間を大幅に短縮出来ます。
ロープ加工の先進国であるシンガポールでは、約90%がワイヤロックでの加工に切り替わっています。

中村工業では2017年2月15日に、現場社員全員でクロスビーによるワイヤロックの研修を行い、「クロスビー・ソケッティング・トレーニングプログラム」の修了書(写真参照)をいただきました。

【ユーザーの皆様】
ソケット加工は世界標準のソケット加工用樹脂「ワイヤロック」をご指名ください。

【ワイヤロープ加工業者の皆様】
この機会にぜひ一度お試しください。加工手順が掲載された資料を差し上げます。

ワイヤロックのお求めは、弊社スタッフまで、お気軽にお問い合わせください。
ワイヤロックの取り扱い資料も用意しています。

フリーダイヤル:0120-0000-62
メール:i@rope.jp




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です