10月25日:日刊金属に掲載されました!

過去最大規模で8000人超が来場
金属ブースは実演コーナーが人気

大阪府下の全商工会議所・商工会が主催・共催した多業種型総合展示商談会「大阪勧業展2016」が19日・20日の両日、大阪市中央区のマイドームおおさかで開催され、来場者は予想の8000人を上回る8034人と、その関心の高さを示していた。(一部既報)

今回、金属関連のブースは前年より11社増の38社が出展する盛り上がりをみせた。会場では、自社の得意分野n商材や技術、また自社ブランド商品などを展示紹介し、来場者からも質問が飛び交う熱のこもった展示会となっていた。とくに実演コーナーを設置したブースは人だかりができるほどの関心の高さだった。

ワイヤロープの端末加工で高い技術力を持つ中村工業㈱(大阪市、中村哲也社長)のブースは熱気が溢れていた。来場者次々訪れる盛況ぶりだ。同社は吊り金具でトップシェアのクロスビーと総代理店契約を結んでおり、「日本上陸」と銘打ってアピール。クロスビーからも幹部が駆けつけ、「日本マーケットのトップリーダーになる」と意気込んでいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です