「海外JISワイヤーと国内JISワイヤーの違いについて」の回答

Q:海外JISワイヤー、国産JISワイヤーの違いを教えていただけないでしょうか?
特に破断係数などの安全面で違いはあるのでしょうか?

A:国内メーカー、海外メーカーともに、JIS規格の製品は、JISで定められた規格をクリアしています。
日本製と海外製の違いは、これまで築き上げてきた「信用」と、「アフターサービス」の2点です。
ロープに問題が発生したときに、日本の製品であれば技術者が現場に駆けつけたり、製品を詳しく調査した上で報告書を作成するなどして対応してくれますが、海外製品の場合は、不良品を良品に交換して終わりという場合が多いようです。
ワイヤロープは「産業の命綱」と言われ、万が一事故が発生したときには大きな問題になります。
いざというときのためにも信頼出来るメーカーの製品をオススメします。

ワイヤロープに関するお問い合わせは中村工業スタッフまで、お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル:0120-0000-62
メール:i@rope.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です