ハイクロスロープでコストダウン!

玉掛け用ワイヤロープの新スタンダード『ハイクロスロープ』。
これまでのワイヤロープ(6×24及び6×37)をハイクロスロープに置き換えることで、ロープ径を細くする(サイズダウン)ことが可能になりました。
ロープ径を細くすることで玉掛索がより軽く、より柔らかくなり、現場の玉掛け作業を大幅に改善致します。

今回はハイクロスロープを導入することによって、玉掛索の在庫品種を減らし、収納スペースを半分にする方法をご提案致します。
作業者にとってもロープの種類が少なくなることで、ロープの選定がより簡単になり、仕事の段取りもよりスムーズになります。

ハイクロスロープで少品種&省スペース化を実現してください!

少品種化の提案1
syouhinsyu1

さらに思いきった少品種化の提案2
syouhinsyu2

6mm~24mmの計11サイズが、ハイクロスロープに置き換えることでたったの4サイズに!

9mm(3分)と12mm(4分)の2種類しか使っていないという方も多いと思いますが、ハイクロスロープの10mm(3分5厘)に変更して1種類に減らしませんか?

ハイクロスロープのお問い合わせは中村工業スタッフへ、お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル0120-0000-62

■関連リンク
ハイクロスロープでコストダウンのご提案

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です