9月10日:ワイヤロープ暴露試験1年経過!

2013年9月9日にワイヤロープの暴露試験を開始し、ちょうど1年が経過しました。
(ペットボトルにマジックで書いた日付や構成はきれいに消えてました)
ワイヤロープがどのように変化しているのか、ペットボトルからワイヤロープのサンプルを取り出して観察しました。

■塩水浸水試験
左から、6×24 O/O・6×24 G/O・ウルトラ。ウルトラ以外はエグいことになってます…
1000DSC_1707

こちらは同時期に実験を開始したステンレスロープ。
左からSUS304 7×19・SUS304 6×24・SUS316 7×19
1000DSC_1708

上から、ウルトラ・6×24 G/O・ハイクロス・6×24 O/O。
1000DSC_1709

上から、ハイクロス・6×24 O/O。
観察した結果ですが、ハイクロスのほうが長寿命でした。ハイカーボンが影響しているのか?
1000DSC_1710

上から、ウルトラ・6×24 G/O。
結果的に10倍以上の差が出ました。ウルトラの表面の白いものは白サビなのか、塩が付着しているのか?誰か教えて下さい!
1000DSC_1711

SUS304 7×19はばらけてしまい、ペットボトルから取り出せなくなったので、外からの撮影。
1年も経つとステンレスもうっすらと赤さびが発生してきました。
1000DSC_1714

上から、SUS316 7×19・SUS304 6×24。
SUS316は全くさびが発生していません。SUS304はうっすらと赤さびが発生。
SUS304 6×24はペットボトルに入ったSUS304 7×19と同程度のさびです。
1000DSC_1715

SUS316 7×19の拡大写真。SUS316はさびませんねぇ・・。
1000DSC_1716

SUS304 7×19の拡大写真。これぐらいだとまだ使えます。
1000DSC_1718

識別タグカラータイマーはどうなったのか?海水中でも使用は可能なのか?
結果はご覧のとおり。印字は全く問題無し。ドットの色は少し薄くなりましたが1年経過ぐらいでは大丈夫です。
1000DSC_1712

下3本は塩水噴霧試験を10ヶ月経過した時点で、実験をストップしたロープサンプル(上3本は10月9日に実験開始したもの)。
1000DSC_1680

上から、6×24 G/O・6×24 O/O・ウルトラ。(テープの横に見えるさびは荷札を付けていたためのもらいさび)
1000DSC_1681

写真は6×24 O/O。
1000DSC_1704

写真は6×24 G/O。
1000DSC_1705

写真はウルトラロープ。
1000DSC_1706

「ウルトラロープ」は環境に優しい(油の量が半分)にもかかわらず、長寿命ということがおわかりいただけたと思います。

ワイヤロープに関するお問い合わせは弊社スタッフまで。
お気軽にお問い合わせ下さい!
フリーダイヤル:0120-0000-62(フリーダイヤル・ロープ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です