「小径曲げによる強度低下について」の回答

Q:アイをフックに掛けた際には小径曲げによる強度低下はおこらないのでしょうか?

A:ロープと同じ直径のフックで吊った場合(D/d=1)、アイの強度は約50%に低下します。
アイはロープが2本なので、強度が50%に低下してもアイで破断することはありません。

※ 小径曲げによる強度低下は「ロープの曲げ比率と強度効率」の表をご覧ください。

ロープの曲げ比率と強度効率
ximg_2030

■参考リンク
エンドレス直つりのワイヤロープ選定方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です