「手摺り用ワイヤロープについて」の回答

Q:高層ビルの外部ガラスメンテナンスのためのキャットウォークにおいて、落下防止用の手摺り(安全帯をかける)代わりにワイヤーロープを計画しています。
4.8mの支柱にΦ10程度のワイヤーロープ1本で考えていますが、どのワイヤーロープが適当でしょうか?
また、命綱としての性能上、問題はないでしょうか?
考え方(計算)も添えてくださればうれしいです。

A:命綱にワイヤロープが使用されているケースは結構あります。
ロープの構成は、6xFi(29) O/O 10mm〜12.5mm位と思われます。
考え方は下記リンクを参考にしてください。

索道用ロープの安全率算定方法
吊橋主索の張力計算

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です