「ハンディーチェッカー」動作マニュアル

ハンディーチェッカーの使い方をご紹介致します。
設定は非常に簡単で、すぐにお使いいただけます。

1.ハンディーチェッカーを用意。
DSC_2104.jpg

2.コントローラーに電池をセット。単3電池4個で約8時間使用出来ます。
DSC_2117.jpg

3.測定するロープ径に合わせてハンディーチェッカー底面のネジ位置を合わせます。
DSC_2105.jpg

4.このときに内部のガイドを内側に押し気味にするとスライドしやすくなります。
DSC_2106.jpg

5.ネジ位置やコントローラーのツマミ位置はコントローラーに貼られた「設定表」を参照して合わせるだけ。
DSC_2109.jpg

6.ロープ径12.5mmの場合のネジ位置は「2」。
DSC_2108.jpg

7.ロープ径12.5mmのツマミ位置はFILTERが「c」、GAINが「2」。
DSC_2110.jpg

8.専用ケーブルでハンディーチェッカーとコントローラーをしっかりとつなぎます。
DSC_2112.jpg

9.コントローラーの電源を「ON」。ピーッという音とともにパワーランプが点灯します。
DSC_2113.jpg

10.ハンディーチェッカーを開けてワイヤロープをセット。
DSC_2114.jpg

11.ハンディーチェッカーを閉じて完了。
DSC_2116.jpg

12.このとき本体がいつでも開くようにクリップは解錠してください。
DSC_2104x.jpg

13.合計で2、3分もあれば設定できます。
DSC_2115.jpg

あとはワイヤロープを動かして、断線があればコントローラーから「ピーッ」という音と同時に、赤いLEDランプが点灯し断線を知らせてくれます。
ワイヤロープの日常点検にかかせない「点検道具」としてぜひ購入をご検討ください。

ハンディーチェッカーのお問い合わせやお見積りは中村工業まで、お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル:0120-0000-62
メール:info@rope.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です