綱・ちゅら・エイサー祭り

毎年9月に大正区千島グランドで「沖縄エイサー祭り」が開催されておりますが、今年は9月8日(土)、沖縄本土復帰40周年、大正区制80周年を記念して沖縄県与那原より大綱をお借りし、沖縄では毎年8月に行われる「大綱曳き」を8年ぶりに大正区で体験できるということで、会場は大変なにぎわいでした。

枝が何本か付いた 片アイ(円周2㍍程)片切 最大直径2㍍、長さ50㍍、重さ5㌧の綱が2本、その上に沖縄の衣装を着た人が立ち、その状態で多くの人が綱を担いでの登場となり、アイとアイを繋ぐところが圧巻でした。

ロープをつなぎ終えて、上に立っていた人が降りてから大綱曳きが始まります。
東西に分かれて 枝を多くの人で曳きあいます。

1回戦に負けた東側に私も加わり、2回戦の4分8秒も続いた綱曳きで思い切り汗を流し、繋がれた2本の綱を知らない者同士が力を合せ、一つの目標に向かって息をあわせ、声を掛け合い、久しぶりにすがすがしい経験をしました。(記事:坂下)

DSCN1618

DSCN1619

DSCN1633

DSCN1652

DSCN1653

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です