12月19日:ワイヤロープ暴露試験100日目

暴露試験100日目
ウルトラロープはまだまだ現役です。現時点で亜鉛めっきロープに比べて約4倍長寿命です!

■塩水噴霧試験

上から、6×24 O/O・6×24 G/O(亜鉛めっき)・ウルトラ(亜鉛−10%アルミ合金めっき)
ウルトラロープ以外はすでに廃棄基準に達しています。(廃棄日:6×24 O/O=12日目・6×24 G/O=26日)
1000DSC_0803

【拡大写真】左から、6×24 O/O・6×24 G/O(亜鉛めっき)・ウルトラ(亜鉛−10%アルミ合金めっき)
1000DSC_0804

1000DSC_0806

■塩水浸水試験(ペットボトルにロープを入れ、半分だけ浸水させたもの)
上から、ウルトラ(亜鉛−10%アルミ合金めっき)・6×24 G/O(亜鉛めっき)・6×24 O/O
ロープの左半分を浸水させている。水中よりも空気に触れている部分のほうが錆びやすいのがわかる。
ウルトラロープは「カラータイマー」の印字や剥がれの実験も兼ねている。
1000DSC_0813

【拡大写真】左から6×24 O/O・6×24 G/O・ウルトラ
1000DSC_0816

【拡大写真】水分を拭き取ったもの1000DSC_0818

■ハイクロスロープ
ハイクロスロープも同時に試験していますが、6×24 O/Oと比較してハイクロスのほうが錆びにくいことが分かりました。素線強度が強い(ハイカーボン)ほうが錆びにくいということが言えるかもしれません。
写真上から、6×24 O/O(ペットボトル)・6×24 O/O(暴露)・ハイクロス(暴露)・ハイクロス(ペットボトル)
1000DSC_0826

浸水試験:上から、6×24 O/O・ハイクロス・6×24 G/O(ロープ右半分が浸水部分)
1000DSC_0827

左から、6×24 O/O・ハイクロス・6×24 G/O
1000DSC_0828

■水の汚れ比較
ペットボトルの水の色をご覧ください。写真は6×24 O/O。真っ黒です。
1000DSC_0807

6×24 G/O。底にサビが溜まっています。
1000DSC_0808

ウルトラロープ。まだサビはありません。
1000DSC_0809

3種類のペットボトルを振ったところ。左からウルトラ・6×24 G/O・6×24 O/O。
1000DSC_0811

ペットボトルを入れ替えて実験を続けます。実験結果は随時発表していきます。
1000DSC_0829

さびに強くて環境に優しい「ウルトラロープ」は弊社スタッフまで、お気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル:0120-0000-62(フリーダイヤル・ロープ)
Eメール:info@rope.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です