「2本4点つりのロープ選定について」の回答

Q:質問です。
直径2000ミリ、長さ20メートル、重量70tのパイプを胴吊りで、40t天井クレーン2基で吊りあげる際、何ミリのワイヤーを選択したら良いでしょうか?

A:下図のようなつり方をした場合で回答致します。
左右のロープは平行してつり上げると想定すれば、片側のロープ選定条件は2本つり、角度30度以内、35トンつりとなり、ワイヤロープは規格破断力109.2トン以上のロープが必要となります。

計算式:35×6÷2×1.04=109.2

(注)荷は必ず水平にし、左右のロープに均等に力が掛かるようにしてください。

ハイクロスの場合は、40mm(規格破断力:110ton/安全使用荷重:35.3ton)
6×24 O/O の場合は、50mm(規格破断力:125.5ton/安全使用荷重:40.2ton)
6×37 O/O の場合は、46㎜(規格破断力:114.3ton/安全使用荷重:36.6ton)
ワイヤロープの概算単位質量(kg/m)は
ハイクロス 40mm=5.75kg/m
6×24 O/O 50mm=8.3kg/m(ハイクロスにすると-31%軽量化)
6×37 O/O 46mm=7.6kg/m(ハイクロスにすると-24%軽量化)

玉掛けには軽量化が出来、曲げ剛性も約半分になって大幅に扱い易くなる「ハイクロスロープ」がオススメです。
120515.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です