ワイヤロープの歴史

 

西暦 日本年号 適用
12000〜9000BC 皮、毛または植物繊維からロープが作られたロープは、人類の文明が最初に創り出したものの一つである
9000〜3000BC フィンランドで石器時代のものと思われるロープの遺物が見つかる
2000BC エジプトの壁画に、パピルス、皮またはヤシの繊維でロープを創る様子が描かれている
13世紀 北条時代 針金鍛冶(ワイヤスミス)、金、銀、青銅のワイヤを槌打ちでつくる
1270 文永7 パリ市と線引屋組合との協定書
14世紀 吉野朝時代 伸線ダイスを用い水力でワイヤ製造 (独、 Lenne 地区)
15世紀 戦国時代 伊、レオナルド・ダ・ビンチの金属製ロープについての記述
1644 正保1 独、Danzig の要塞築造の搬土用に鉄線ロープの使用
1689 元禄2 英、ダムビーブの著書にマニラ麻ロープの記述
1740 元分5 坩堝製鋼法の発明 (英、B. Huntsman)
1750- サイザル麻ロープの使用
1750 寛延3 独、ロープ会社 Felten Guilleaume 設立
1760 宝暦10 ロイド船級協会創立
1771 明和8 回転式蒸気機関の発明 (英、James Watt)
1780- 避雷ロープの製作 (仏の Regnier、ジュネーブの Saussure)
1781 天明1 ロイド法的に承認される
1783 天明3 サイザル麻ロープがスペイン海軍に採用された記録
1784 天明4 パドル製鋼法の発明 (英, ヘンリーコート)
1792 寛政4 英、Cartwright が麻ロープ製造機の特許
1798 寛政10 英、Hancock が金属製ロープを製作
1818 文政1 独、Westphalia の鉱山で、鉄線ロープを用いて重い荷を運搬
1818 文政1 仏、Lyons の近くの炭坑で鉄線ロープを使用
1821 文政4 Geneva のつり橋に鉄線ロープを使用
1822 文政5 スウェーデンの炭坑で鉄線ロープを使用
1824 文政7 オーストリア、Mitis が256本線のロープを用いてつり橋を架ける実験
1830 天保1 英、Wool Wich 造船所の George Wright Binks が鉄線ロープの実験
1830 天保1 英、Derby のJ.B. Wilson と Lancashire のHaydock が炭坑用ロープを製作
1831 天保2 独、SachsenのHalsbrückeで、45本線のロープをつくり試験的に使用
1833 天保4 独、Carl Anton Henschel が、「鉄線ロープ索引の応用」 という小冊子を出版
1834 天保5 独、Clausthal のW. A. J. Albert が鉄線で3×4構成のロープをつくり、Caroline 坑の立坑に使用して成功
1835 天保6 Albert がロープの実験報告と製造法を発表
1835 天保6 G. W. Binks が麻ロープの機械を用いて、4×43構成のロープを製作
1835 天保6 独、Freiburg のつり橋に鉄線を束ねたロープを使用
1838 天保9 英、Newall がワイヤロープ用製綱機の特許
1838 天保9 英、Brenner がロープに関する論文をNew Castle で発表
1840 天保11 Newall が製綱機を改良し,特許をとる
1840 天保11 英、アーギバルとスミスがワイヤロープ専用機を発明し、ロープ製造を開始
1843 天保14 ワイヤの寸法にミルス(mils)を採用
1844 弘化1 William Bullivant が船舶用柔軟ロープを発明
1844 弘化1 当時のロープ製造業社は、Stephenson、Wilkins、Weatherley、Elliot、Peter Haggie など
1854 安政1 パテンティングの発明とピアノ線の製造 (James Horsfoll)
1855 安政2 酸性転炉製鋼法の発明 (英, Henry Bessemer)
1861 文九1 平炉製鋼法の発明 (英、Siemens と仏、Martin)
1861 文九1 独、F. Reuleaux のワイヤ応力の式の提案
1862 文九2 連続圧延装置開発 (ライランド会社の George Bedson)
1865 元治2 横須賀製鉄所内でフランス海軍技術ヴェルニーによる麻ロープの製造
-1869 ウォーリントンストランドのスケッチ記録(ジョン・ローブリング)
1874 明治7 ミリメータ ワイヤ ゲージをドイツで使用
1876 明治9 ヤハズよりロープの考案 (Newall)
1876 明治9 ロックドコイルロープの考案 (Reddish の Atlas Rope の F. W. Scott)
1877 明治10 塩基性転炉製鋼法の発明 (英、Sydney Thomas)
1879 明治12 ラングよりの特許 (英、John Lang)
1879 明治12 フラットロープの考案 (英、Glasgow のA.Rowart Co.)
1880 明治13 蒸気農耕機用ラングよりロープの製造 (G. Cradock)
1881 明治14 独、C. von Bach が Reuleaux のワイヤ応力式の修正を提案
1883 明治16 ニューヨーク、ブルックリンつり橋の完成 (平行線ケーブル)
1884 明治17 英、SWG (Imperial Standard Wire Gauge) の制度化
1884 明治17 トム・シールが「平行よりストランド」を発明 (トム・シール)
1884 明治17 ロックドコイルロープの製造 (Latch & Batchelor 会社)
1885 明治18 シールストランドの特許 (トム・シール)
1885 明治18 連続伸線機の発明 (S. H. Bryne)
1887 明治20 日本最初のロープ会社、東京製鋼(株)の設立
1888 明治21 三角ストランドロープの製造 (Latch & Batchelor 会社)
1884〜1890 明治17〜23 ウォーリントン形ロープの開発 (発明者不明)
1890(1889?) 明治23 フィラー形ロープの考案と特許 (J. B. Stone)
1891 明治24 シール形ロープの使用開始 (米)
1891 明治24 金属螺旋心入りロープの考案 (Hudson)
1891 明治24 架空静索用多層スパイラルロープの発明 (J. Bulmer)
1891 明治24 ロックドコイルより線機の考案 (J. Bulmer)
1891 明治24 Smith 社が大型竪形製綱機を増設、アルバートよりロープ(ラングよりと同一)を製造
1891 明治24 当時の代表的ワイヤロープ会社、Cradock & Co., Bullivant & Co. など
1897 明治30 東京製綱でワイヤロープの製造開始
1898 明治31 電気炉製鋼法の発明 (伊, スタッサノ)
1898 明治31 不反発よりロープ (tru-lay) の考案
1903 明治36 独、Bochum にワイヤロープの試験所設立
1909 明治42 非自転性ロープとして、だ円ストランドロープの考案 (Newall と Skelton)
1912 明治45 関西製綱(株)設立、麻ロープ製造を開始
1915 大正4 独、G. Benoit,R. Woernle が Reuleaux の式の正しさを証明
1918 大正7 関西製綱でワイヤロープの製造開始
1918 大正7 英、炭坑巻上用丸およびフラット形ロープの標準規格制定
1927 昭和2 英、炭坑巻上用ロープ標準規格 BS 300制定
1929 昭和4 JES 104号、船舶用めっき鋼索規格制定
1934 昭和9 JES 281号、鉱山巻上、エンドレス巻、索道、さく井用などの裸鋼索規格制定
1936 昭和11 スチールタイヤ開発 (仏、Michelin)
1937 昭和12 JES 409号、船舶、機械、鉱山、索道、さく井用など総合鋼索規格制定
1942 昭和17 ロック加工を発明 (独、ハンス・マイゼン)
1950 昭和25 JIS G 3525、ワイヤロープ規格制定
1950 昭和25 日本工業規格表示許可制度
1951 昭和26 このころ超硬合金ダイスが叩きダイスにとってかわる
1953 昭和28 JIS G 3525改訂、ロープ径基準、級別を種別に変更
1954 昭和29 JIS G 3535、航空機用ワイヤロープ規格制定
1956 昭和31 東洋製鋼(現 東京製綱)がタルリット社と提携し、「トヨロック」販売開始
1959 昭和34 日本、道路にガードロープの使用開始
1960 昭和35 JIS G 3536、PC鋼線及び鋼より線規格制定
1962 昭和37 北九州、若戸大橋竣工(日本初の長大つり橋)
1962 昭和37 クレーン等安全規則、クレーン等構造規格制定
1962 昭和37 JIS G 3534、亜鉛めっき鉄より線規格制定
1962 昭和37 JIS G 3537、亜鉛めっき鋼より線規格制定
1964 昭和39 国立屋内総合競技場完成(大型つり屋根構造)
1970 昭和45 スチールラジアルタイヤ全盛に向かう
1973 昭和48 関門橋竣工
1973 昭和48 ロープ関係の最初の国際規格、ISO2408 (一般用ワイヤロープ−特性)発行
1976 昭和51 クレーン等安全規則、クレーン等構造規格改訂
1977 昭和52 JIS G 3540、操作用ワイヤロープ規格制定
1988 昭和63 瀬戸大橋開通 (長大つり橋3、斜張橋2、トラス橋1)