メディア掲載/2014年

2014年11月3日(月)日刊ケイザイ

ワイヤロープ一筋に50年
斬新なアイデアで独自商品を数多く生み出す

今年7月、創業50周年を迎えた中村工業はワイヤロープ加工一筋に歩んできた。中村哲也社長は2代目で、10月22〜23日に開催された大阪勧業展でワイヤロープの手編み加工を実演し、来場者の目を引いた。

「次の10年に向けて、創業者である父(和郎氏、顧問)から受け継いだ志“ロープ加工を極める”ために社員と一丸となって取り組んでいます。また、常に他社との差別化を念頭に置いています。独自のものをしっかりと持っていれば、自ずと注文が入り、実績と信頼は広がっていきます」と、斬新なアイデアで数々の独自製品を生み出している。

「1997年に当時まだ企業のホームページがほとんどない時代に、自分で工夫して、ホームページ“ロープファクトリー”を開設しました。また、1985年から業界最大手・東京製綱の代理店となり、私自身も二度にわたって都合5年間、東京製綱に勤務した経験をもっています」と業界での信頼度は高い。

「ロープ加工職人の社会的地位向上を目的に、ロープ加工技能士という国家検定があります。これまで大阪勧業展に5回出展しましたが、毎回手編み加工を実演しています。太径(120㍉)から細径(1㍉未満)まで多種多様に対応できます」と、テレビ番組・和風総本家で太径ロープの手編み加工が紹介されたこともある。

ーー今年7月に創業50周年を迎えられましたが次なる60周年、100周年に向けての抱負をお聞かせ下さい。

中村 ワイヤロープ加工一筋に50年歩んできましたが、日々の仕事に精進しているところです。次の10年に向けて、大それたことを言うつもりはありませんが、創業者である父(和郎氏、顧問)から受け継いだ志「ロープ加工を極める」ために社員と一丸となって取り組んでいます。

一つの会社が50年続くというのは、並大抵のことではありません。あるデータによると、その割合は0.7%とされています。私は社長に就任して5年ですが、もし父と同じ苦労をして創業するとなれば、かなり困難な道のりになるでしょう。

ワイヤロープ業界の最大手は東京製綱ですが、今年で127年の歴史をもっています。1887(明治20)年に繊維ロープで始まり、初代会長は渋沢栄一です。それから10年して、国内初のワイヤロープの製造が開始されました。日清戦争(1894年)で海軍の艦船をつないでいた繊維ロープが切れたことから、ワイヤロープが生まれたそうです。

日本のロープの歴史は東京製綱の歴史でもありますが、私は都合5年間勤務しました。高校卒業後、土浦工場で2年間、ワイヤロープの製造現場でお世話になりました。それから中村工業に入りましたが、15年経った2005年に、東京製綱の社長からの要請で再度入社しました。今度は本社総括部で3年間勤務しました。

入社要請の理由は、1997年に当時まだ企業のホームページがほとんどない時代に、中村工業のホームページ「ロープファクトリー」を開設したのがきっかけです。今でこそホームページの制作会社はたくさんありますが、当時はまったくと言っていいほどありませんでした。そこで私は自分で工夫してホームページを立ち上げ、リニューアルを重ねてきました。そうしたところを見込まれて、再度入社したわけです。

勿論、社長自らがお声をかけて下さったのは、それだけが理由ではありません。当時はロープ業界の再編が進み、大変厳しい時代でしたから、共にやっていこうという働きかけだったと思っています。また、当社はすでに1985年から、ワイヤロープ加工で東京製綱の代理店として取り引きをしていますので、業界での信頼度は高いと自負しています。

ーー東京製綱時代は斬新なアイデアで数々の新商品を企画、開発されたそうですね。

中村 数々と言うほどではありませんが、「ハイクロスロープ」と「テーパートヨロック」の2つです。

ハイクロスロープは、「強・軽・柔」を追求した最新の玉掛け用ワイヤロープで、素線1本の強度を1平方ミリメートルあたり160kgから220kgまで高めました。また、サイズダウンが可能となり、重量を25%軽量化でき、柔らかさは従来品の2倍になりました。軽くて柔らかくなったことから、作業が格段に改善できます。

テーパートヨロックはロック加工のロック部分の角を丸くしたもので、作業効率の向上と作業中のケガ防止に役立っています。形状が角をとった流線形なので、引っ掛からない、刺さらないのが魅力です。

こんなものがあったらいいですねと提案しますと、それじゃ君がやってみろということになり、形になりました。他社と同じものを売っているだけでは、結局は価格競争になってしまいます。

高機能で中村工業にしかないというものであれば、うちだけに注文が来ますし、日頃から常に他社との差別化を念頭に置いています。独自のものをしっかりと持っていれば、自ずと注文が入り、実績と信頼は広がっていきます。

2013年に当社独自の企画商品「ウルトラロープ」と「カラータイマー」を発売しました。

ウルトラロープは、亜鉛アルミ合金めっきのワイヤロープを前面リニューアルしたもので、高耐食性かつクリーンな製品です。亜鉛めっきにアルミニウムを10%混ぜているので、従来品に比べてさびに対する寿命が3倍以上長くなり、水産や海洋工事に適しています。また、ロープに使う油の量を半分に減らしましたから、環境にやさしいエコロープです。

カラータイマーはロープに取り付ける管理タグで、無料で提供しています。ロープ径や長さ、構成等が識別できると同時に、4つのドットに色と2進法の配置を組み合わせ、製造年月が一目でわかるようにしています。

このほか、2010年にはワイヤロープ用クッションカバー「くるっと」を発売し、好評をいただいています。強化ゴムホースに螺旋の切り込みを入れ、簡単に取り付け・取り外しができ、吊り荷のキズ防止とロープの保護、ケガ防止などの効果があります。

トラックの荷台でワイヤロープをよく目にしますが、運送会社からはロープにホースを通してくれという要望が以前からありました。ホースを通すとなると、取り付けはできますが取り外しはできません。また、部分的な修復もムリです。そうしたニーズから生まれたのが「くるっと」です。

ーー10月22日、23日に開催された「大阪勧業展」に出展され、社長自らワイヤロープの手編み加工を実演されていましたが、反響や手応えはいかたでしたか。

中村 大阪勧業展には5回出展しました。日頃はあまり営業活動をしてませんので、こういう機会にPRしておこうというのがねらいです。手編み加工の実演は毎回やっており、多くの方が足を止めて見入ってくれますし、人だかりができることもあります。

ロープ加工技能士という国家検定があり、当社には私を含めて1級技能士が10名います。全日本ロープ加工組合連合会が所管しており、私も検定試験に立ち会ったり、問題作成に携わったりしています。ロープ加工職人の社会的地位を向上させるための国家検定です。

父は2002年から3期6年間、全日本ロープ加工組合連合会の第4代会長を務めました。鹿児島から集団就職列車に乗り、大阪に来たのが父15歳のときでした。当時、大阪市内に2社しかなかったワイヤロープ加工会社に就職し、住込みの見習工になりました。1964年7月、父21歳のときに大正区千島の6畳ほどの作業場で、ワイヤロープの手編み加工を始めたのが中村工業の創業です。

その志を受け継ぐために、6畳足らずの出展ブースで手編み加工を実演しています。

ーー座右の銘をお聞かせ下さい。

中村 特別なものはありませんが、挑戦という言葉が好きです。

−−最後に、趣味と健康法について。

中村 おいしいものを食べて、おいしい酒を飲むのが楽しみです。高校時代はボクシングをやってました。

中村哲也(なかむら・てつや)氏の略歴
昭和63年八代学院高校(現・神戸国際大学附属高校)卒業、東京製綱入社、平成2年東京製綱での修行を終え、中村工業入社、17年東京製綱に再度入社、20年中村工業に復帰、21年社長に就任、現在に至る。
大阪府出身。昭和45年12月12日生まれ、43歳。

[本社]大阪市大正区泉尾6−5−40
[資本金]1000万円
[売上高]5億円
[従業員数]25名(ロープ加工技能士1級10名、2級1名)
[TEL]06−6551−3390

141103keizai


2014年3月1日(土)こんにちは大正 3月号/大正区役所

区民向け「工場見学会」

日時:3/27(木) 14:00〜16:00
定員:30名(先着順)
対象:区内在住の小学生以上の方(ただし、小学生の方は保護者が同伴してください)
★参加費無料/要事前申込(3/3(月)〜 電話のみ
申込み・問合せ:区役所 企画調整 Tel.4394-9942

【区長コラム】(抜粋)
製造業等ものづくりの伝統と技術は大正区の大きな魅力の一つです。最近は区内の工場に区外の学校の生徒達が工場見学に訪問することが増え、テレビ放映もされるなど注目を浴びています。3月27日には小学生以上の区民の方を対象に、(株)日本電気研究所と中村工業(株)の工場見学会を実施します。制御盤とワイヤロープの制作・加工の様子を見ることができ、両社とも、旅行会社が修学旅行のコースに組み入れるためにツアーを組んで見学に来るほどの技術力と迫力をお持ちです。是非大正区のものづくりの実力を感じ、わがまちへの誇りと愛着を共有いただきたいと思います。

140304_1
140304_2


2014年2月10日(月)日刊工業新聞

中小悩ます“人材確保”

建設機械用ワイヤロープ製造の中村工業(大阪市大正区)は2020年東京五輪開催に向け、インフラ補修や建設需要で「大阪にも仕事が回ってくるのでは」(中村哲也社長)と期待を抱く。事業拡大をにらみ「若手従業員を何人か採用し育てていきたい」(同)と話す。

140210_1

14210_2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です